酸洗いとは?酸洗処理の種類と目的について

酸洗いとは?酸洗処理の種類と目的について

酸洗処理のおもな目的

酸洗処理は、金属の表面加工における前処理として行われる工程です。金属に溶接、ロウ付けなどの熱加工を施すと、表面には錆びや酸化皮膜が生じます。これらを強酸によって除去することを酸洗処理と言い、除去することによってメッキ加工後の金属光沢がうまれます。

酸洗処理の三つの方法

酸洗処理は目的によって三つの方法があります。

一つ目は、酸洗いです。酸洗いはおもに塩酸や硫酸といった強酸で金属の表面を洗い、酸化皮膜などを取り除く方法です。酸液に金属を漬け込むことで洗浄します。空気が入ると均一に洗浄されないため、注意しながら全体を酸液に浸します。

二つ目は、酸浸漬です。この方法は、酸化皮膜の除去を行った上に、金属の表面を活性化させるときに用いられる方法です。電解洗浄によって生じた酸化皮膜および、アルカリ脱脂液によって生じるアルカリ皮膜の除去が可能な方法です。

三つ目は、エッチングです。エッチングは、金属の常温加工時に生じた変質層を除去することを目的とする方法です。変質層とは、加工により金属の材質が変化した層のことを指します。

金属の種類によって使用する酸の種類や濃度、処理にかける時間が異なり、適切な処理を行わないと酸洗処理の効果が得られません。これらの方法を適切に使い分け、適当な方法で金属を処理することにより、その後に行われる研磨作業を軽減し、圧着を容易に行うことが可能となります。酸洗処理はその名の通り、酸を使用した工程となります。使用される酸は強酸が主となるため、安全や衛生に十分留意した施設、方法で行うことが最も重要となります。

表面処理を行う際、メッキや塗装にしても密着性を上げる為、前処理として酸洗いを行います。メッキでは塩酸や強アルカリを使用してます。