卵子提供プログラムはどのようなものなのか!?

卵子提供プログラムはどのようなものなのか!?

卵子に問題がなくても妊娠できる

不妊の原因には様々な原因がありますが子宮に問題がなくても卵子に問題があるというケースが有名です。卵子提供プログラムとは卵子を提供してくれるドナーから卵子の提供を受けて夫の精子と体外受精を行い、その受精卵を子宮内に入れて育てる不妊治療です。この治療には卵巣の機能が低下したり、 卵巣や卵子に関する病気や遺伝病を持っている方で妊娠を希望している方が利用しています。

卵子提供プログラムの注意点

卵子提供プログラムは他の人から卵子を提供してもらえるので戸籍上は自分の子供として扱われますが、遺伝的には母親の血を引いていません。さらに、日本では卵子提供が事実上できないので海外に渡航してプログラムを行う必要があります。
また、せっかく卵子を提供してもらっても受精卵が子宮に着床しないと妊娠はしませんのでご注意ください。

卵子提供プログラムの流れ

卵子提供プログラムはまず、カウンセリングを費用や内容について利用者が納得するまで受けることから始まります。その後、プログラムの前に夫の精子の状況や感染症の検査など事前の検査を受けることになります。その後海外に渡航してドナーから提供された卵子の体外受精を行い、奥さんのサイクルに合わせて受精卵を子宮に移植して卵子の提供は終了になります。
もし妊娠が成功した場合、日本で出産する事になります。

ドナーは選ぶことができる

卵子提供が日本ではかなり抵抗が強いことで知られています。理由の一つとして自分とは肌の色の違う子供が産まれるという不安でしょう。しかし、卵子を提供してくれるドナーをプログラムを受ける側が選ぶことができるのでそのような心配はいりません。
卵子提供の抵抗が減って、気軽に卵子提供が日本でも行われるようになればいいですね。

卵子提供とは自分の卵子が病気などにより妊娠出来ない状態になり、第三者から妊娠出来るよう卵子を提供してもらうことをいいます。