まだ手書き製図?CADを導入すれば製図の時間短縮が出来ます

まだ手書き製図?CADを導入すれば製図の時間短縮が出来ます

書き切れなくなった時に自在に移動可能です

回路図は決められたサイズの中にすべての回路を書くことが求められます。例えばA2サイズの中にラフで書かれた回路を製図するなど、ラフ図はサイズに関係なく書いてあるので、レイアウトを考えながらA2サイズの中に書き入れなければなりません。手書きの場合には回路が入り切らなくなった時、少しずつ詰めて行くなどの作業が必要で、せっかく書いた回路を消して書き直しをしなければならないケースも出て来ます。これに対してCADの場合は、範囲を選択して移動が自在に出来るので、線間を詰めながら回路を移動して行けば簡単に修正が出来ます。また、線間はグリッド設定で決まった間隔で線を描けるため、その都度線間を何ミリにするのかなど、余計なことを考えずに回路図を書くことが出来ます。

部品リストの作成も出来ます

CADで書いた回路図には部品情報も保存しておくことが出来る機能を持ちます。抵抗の定数や許容ワット数、部品番号などの情報も併せて保存が出来ますし、この情報を取り出せば部品リストの作成も可能になって来ます。手書きの場合にはアナログ方式になるので、部品リストを作成する時には人力作業が必要です。作図だけでなく、CADの場合は様々な情報を1つのデータ内に保管が出来るメリットがあるわけです。さらに、CADはデジタルデータで保存が行われているため、データをコピーして他の電子回路図に流用することも可能です。手書きの時には最初から回路を書いて行かなければなりませんが、CADではコピーが出来るなどからも作図時間の大幅な削減、業務効率をアップすることが可能です。

CADとは、パソコン上で設計する時に使用するソフトまたはシステムの事です。そして、電気CADは電気設計に特化した特徴があり、クリック一つで制御盤などの機器の配置が出来るなど便利な機能を備えています。