細かい諸手続きを終わらせたら早速お墓を解体することに…!

細かい諸手続きを終わらせたら早速お墓を解体することに…!

自力では無理だと感じたら業者へ

継承者が不在なので自分のお墓が管理されずに荒れ果ててしまうのは嫌だ、遺族に自分の死後のことで余計な負担を抱え込んでほしくない、というシニア世代の間で関心が高まり続けている墓じまい。これから起こる可能性の高い、お墓にまつわる問題を前もって解決できるのは確かに大きなメリットではありますが、役所や新しい供養先などに出向いて様々な手続きをするのはかなり時間と手間がかかる仕事です。調べている段階で面倒くさく感じてしまった人もいるのでは?しかし、様々なジャンルで代行業者がサービスを展開している時代です。墓じまいの世間的な関心と認知度が高まってからは、墓じまいの代行サービスを行うところも増えてきました。行政書士事務所や石材店が主に墓じまいを代行してくれるんですよ。解体工事に関わることは石材店、行政手続きを代わりにやってもらいたいなら行政書士事務所がいいと言われていますが、最近は行政手続きまで総合的にやってくれる石材店も見られるようになりました。

行政手続きをクリアしたら

一通りの手続きが済むと、性根抜きを行います。魂抜きや精抜きなど地域によっていろいろな呼称がありますが、お墓を移動する前にここから故人の魂を元の場所へ戻すためにお経を唱える儀式のことなんですよ。性根抜きを済ませ、改葬の許可が無事に降りてからようやくお墓を解体する為の工事が始まります。大体一週間くらいで工事は終わります。後は寺院などに墓地の返還届を出してから改葬してくださいね。

墓じまいの費用はどれくらいかかるのでしょうか。離壇料で一般的に10万から20万円、抜魂式は「お気持ち」と言われますが、相場で3万から5万円程度です。その他にも石材の撤去にかかる費用が請求されます。