知ってる?BCP対策で有効な分散化と代替手段について

知ってる?BCP対策で有効な分散化と代替手段について

BCP対策ってどういうもの?

大地震に代表される未曽有の災害等によって事業継続に甚大な被害を受けた時、業務のダメージを抑えながら生き残った部分で事業を継続させる行動指針です。BCP対策の具体例は多岐に渡り、避難訓練や緊急時の対策チームの結成や、インフラの確保等が挙げられますが、特に注目されている方針が「分散化」です。

分散化と燃焼備蓄サービス

BCP対策における分散化とは、事業の拠点や企業資源・基幹システム等を複数の地域に分散させる手段です。局所的な自然災害や事故であれば、他の拠点から補填する事ができるため、事業を継続する事が可能です。代表的な事例として、燃料を確保するために、燃料会社の燃料備蓄サービスが挙がります。これは全国各地に燃料基地を持っている燃料会社に対し、自社分の燃料の備蓄・管理を委託するサービスです。大規模な災害が発生した時は高速道路等の主な道路は閉鎖され、被災地に物資を思う様に運べなくなり、燃料はすぐに枯渇します。しかし燃料会社と契約を交わしておけば、自社分の燃料を確保してくれている上、緊急車両として走る事ができるので、確実に燃料が手に入るのです。

分散化ができない企業のために

分散化によるコストが負担になる場合は、重要なインフラやシステムを一時的に別の方法で確保する「代替手段」という方法があります。例えば長期的な停電に対応するために自家発電装置を設置したり、災害発生時には通信規制がかかる通常の電話とは別にインターネット回線を用いる転送電話を活用したりする対策等がこれに当たります。但し自家発電するにしても、電気が復旧するまでは燃料が命綱になるのは変わりません。大量の電気を使う企業であれば、燃料の確保だけは分散化をしてでも十分な準備をしておきましょう。

企業が事故や自然災害などの想定外の事態になった際に取るための施策のことをBCP対策と呼び、企業にとって欠かせないリスクヘッジとなっています。