墓じまいの方法やメリットについてご紹介します

墓じまいの方法やメリットについてご紹介します

墓じまいとはどういったもの?

墓じまいとは、自分の代をもって先祖代々の墓を処分することを言います。墓守をする後継ぎがいない場合や、後に残される子孫に負担をかけたくない時に選択される方法です。元の墓を片付けた後には、それぞれの都合に応じて管理方法を変えることができます。

墓じまいの種類について

墓じまいには、いくつかの方法があります。その代表的なものとして永代供養があり、対応してくれる寺院などに依頼して納骨堂や合同墓に移動させます。永代供養にはその他の埋葬法もあり、その中でも特に樹木葬が人気を集めています。これは、墓石を設置する代わりに植樹をしてその根元に遺骨を埋葬するというものです。その他、海に散骨したり自宅に保管するといった方法もあります。

墓じまいの手順について

墓じまいをする際には、元々埋葬していた墓を管理している寺院に離檀を申し出て役場などに申請書を出す必要があります。その後、墓の片付けを専門業者に依頼して墓石を撤去します。改めて別の寺院や納骨堂などに移動させる場合には、新たな契約が必要です。散骨を希望するのであれば、許可を取らなければなりません。

墓じまいにかかる費用

墓じまいをする際には、色々な費用がかかります。元の寺院に支払う離檀料をはじめとして、墓の片付け費用や永代供養のための費用も必要です。また、散骨をする場合には現地までの交通費が発生することになります。

墓じまいをするメリット

墓じまいをしておけば、今後一切の管理から解放されます。特に、遠方に墓がある方にとって便利なのではないでしょうか。また、自分が死んだ後の墓の行く末について心配することもなくなるため、気分的に楽になるというメリットもあります。

墓じまいには二つの意味があります。一つ目は、お墓そのものを撤去する事です。二つ目は大切なものを仕舞っておくという意味です。墓を仕舞う方法には、散骨や納骨堂での永代供養や、お墓を移す改葬等があります。