梱包材だけではない?スチレンボードを暮らしの中で役立てよう!

梱包材だけではない?スチレンボードを暮らしの中で役立てよう!

スチレンボードの汎用性の高さについて

発泡スチロールを板状に成形したスチレンボードは厚さが一定なので梱包材としての用途に最適です。柔らかい材質なので荷物の形状に合わせて成形出来る他、弾力性の高さからガラス製品や精密機器を保護する緩衝材として用いられることもあります。スチレンボードは軽量で扱いやすいことから日常生活の中でも簡易的な断熱材や子供の工作用品などに流用することが出来ます。高熱やシンナーなどの有機溶剤で溶解する性質があるので、手作り看板などの材料に使うことも可能です。安価で購入出来るのも利便性の高さに繋がっていますが、市販品は大判サイズが主流なので運搬の際は傷や割れが生じないように丁寧に扱うことを心がけます。

スチレンボードを加工する際のポイント

スチレンボードは柔らかい材質なのでハサミやカッターナイフで簡単に裁断することが出来ます。また、接着剤で固定することも出来るので工芸品やおもちゃを作る際の材料に最適です。高熱を出すはんだごてを使うことで特殊な切断面を成形することが出来るので、目立ちやすい看板やメッセージボードを作ることも可能です。スチレンボードの加工は誰でも手軽に取り組めるのが利点ですが、その一方で道具の使い方を誤るとボードの破損や怪我などのトラブルに見舞われるので細心の注意を払うことが大切です。また、スチレンボードは静電気が発生しやすいので、細かく切ると体や衣類に付着することがあります。静電気が生じないように事前の準備を整えておくのが作業効率を向上させるための工夫です。

スチレンボードは、気泡の細かい発泡スチロールでできた薄い板のことです。モデル制作、ディスプレイに利用されています。耐水性がない事が多く、接着剤で溶けるものもあります。